病院に頼らない妊活ライフ

不妊治療だけが妊活じゃない!健康で元気な赤ちゃんを授かるための妊活をお伝えします

妊活にオススメの油!種類によって働きが違うって知ってました⁉︎

f:id:mebaeseitai:20170522144840j:plain

こんにちは。

病院に頼らない妊活ライフをお伝えする子宝整体師の尾倉です。

 

 

ここ数回は妊活と油の関係や、油の大切さをお話しています。今日はその油の種類や働きをお話しようと思います。

 

油の種類はわかるけど、働きなんて全部一緒でしょと思いません?僕は全部一緒だと思ってました(^^)

 

 

だって、油の性質の違いで体に良い、悪いはあっても働きが違うなんて考えた事なかったですもん。

 

でも勉強してみると、ぜんぜん違うっていうか真逆だったりする訳です。まずは、

 

 

油を種類でわけると

大きくは固まっている油(飽和脂肪酸)と液体の油(不飽和脂肪酸)にわかれます。

 

このふたつの違いをわかりやすく言うと、油の構造は炭素というイスに水素くんが座っていて、1つの炭素イスに水素くんが2人座れるようになっています。そのイスがたくさん並んだ状態になっています。

 

その席が満席状態(=飽和)か、空席がある(=不飽和)かで分けられるんです。

 

 固まっている油(飽和脂肪酸)とは動物性のものと一部の植物性の油。例えば牛や豚の脂身やバター、ラード。植物性ではココナッツ油、パーマ油などです。

 

液体の油(不飽和脂肪酸)は大部分の植物性油です。

 

そして液体の油(不飽和脂肪酸)はさらにふたつに分けられます。

これをさらに説明するとややこしくなるだけなので省略しますが、この2種類は大きくわけると体内でつくれるものと、つくれないものに分けられます。

 

油ひとつでも色々あるでしょ?

でもこんな事知らなくてもOK!あなたに必要なのは、だいたいでいいのでどの油がどう働くかという事と、今自分に必要な油が何かを知って選択できるようになることです!

 

まず必要な油は体でつくられない油の中でオメガ3(アマニ油など)という油でしたね。

オメガ3(アマニ油)と妊活の関係を知りたい方はこちらをご覧下さい!

 

mebaeseitai.hatenablog.com

 

今日はそのオメガ3とそれに拮抗するオメガ6の働きをお伝えします。

 

オメガ3とオメガ6の働き

まずは大前提として、このふたつの油は体内で合成できないので、必ず外から取らないといけない必須脂肪酸と呼ばれる油だということ。

 

なのでどちらが良い、悪いではありません。大切なのはバランスです。

 

オメガ3をたくさん含む油がアマニ油、えごま油、シソ油、魚の油など。

オメガ6をたくさん含む油はサラダ油、べにばな油、ゴマ油、大豆油など。

 

見ていただくとわかると思いますが、オメガ6の方が簡単に取れますよね。

なのでふたつの摂取バランスが大きく崩れていることが問題になります。理想のバランスはオメガ3:オメガ6が1:1~4とされています。

 

しかし現状は1:10~50となっているんです。

 

 

なぜこのバランスだと良くないのか。なぜオメガ3が妊活にいいかを知るには、それぞれの働きを知っていただくとわかりやすい!

 

なので早速ふたつの働きを見ていきましょう。

このふたつはお互いに相反する働きをすることでバランスを取っています。

 

【オメガ3】

細胞を包む膜を柔らかくする

炎症反応を緩和・抑制

血栓を抑える

アレルギー反応を抑える

熱に弱い

 

【オメガ6】

細胞を包む膜を硬くする

炎症反応を促進・増大する

血栓を促進する

アレルギー反応を促進する

熱に強い

 

 

ね?真逆の働きでしょ。

それで、特に妊活に直結するのは細胞膜の硬さと炎症反応。

 

例えば、細胞膜が硬くなるということは、体内で一番大きな細胞である卵子も例外ではありません。精子卵子が出会って受精するには、精子卵子の膜を突き破り中に入る必要があります。

 

でも、卵子の膜が油のバランスによって硬くなっていたとしたらどうでしょう?

 

さらに精子のオメガ3含有率が精子の運動率に影響することがわかっています。要するにオメガ3の含有率が多いほど精子の運動率がアップするということです!

 

卵子の膜が適度に柔らかくて、精子が元気であれば受精の確率もアップしそうじゃないですか?

 

 

例えば、子宮内膜症子宮筋腫、ひどい生理痛など炎症反応が関係する症状も油が関係します。炎症反応を促進するということは必要以上に炎症が起こるということです。

 

卵管内で炎症が起きれば卵管が狭くなりますし、卵巣内で炎症が強くなればチョコレート膿胞など炎症反応が関係する症状が色々誘発される可能性が高くなるということです。

 

 

まだまだ出来る事があると思いませんか?

油ひとつとってもこれだけ細胞に影響を与えるんですね。

油を変えるだけで、妊活にとってこれだけメリットがあるなら、ぜひ取ってみたいと思いませんか?

 

そう思ったあなた!ぜひ今すぐアマニ油を買いに行ってください。

その前に買うときの注意点!必ず以下の2つのポイントをチェックしてください!

 

①遮光性のビンに入っている 

⇒ 酸化しやすい油なので光を通すビンに入れるのはダメ!

②コールドプレス(低温圧搾)で採取していることが明記されている

⇒オメガ3は熱に弱いため40℃以上にならないコールドプレスでないと成分が壊れます。

 

さらに欲を言えば

トランス脂肪酸ゼロの明記がある

⇒ここまで明記があるものはかなり少ないですが、トランス脂肪酸は一番取りたくない油。チェックしてみて書いてあるものがあればそれを選びましょう!

 

 

そして生活で取り入れる時の注意点はひとつ!

加熱せずに生のまま食べる!

 

これだけ守ってください。コールドプレスのところでも書いたように、オメガ3は非常に熱に弱いので加熱調理すると油の成分が壊れてしまいます。

 

ドレッシングを作ったり、そのままサラダにかけたり、そのまま飲むのもOKです。

ちなみに僕はドレッシングか豆腐に塩と合わせてかけることが多いです。

 

最後に簡単ドレッシングレシピをご紹介しますので、ぜひお試しあれ!

 

【さっぱりドレッシングレシピ】

アマニ油  おおさじ1

しょうゆ  おおさじ1

お酢    おおさじ1

あとは混ぜるだけ♪

 

【マヨネーズ風ドレッシング】

アマニ油    おおさじ2

白みそ     おおさじ2

ワインビネガー おおさじ1 ※レモン果汁でもOK

あとは混ぜるだけ♪酢味噌みたいな感じなので、刺身こんにゃくや冷奴にもどうぞ(^.^)

 

 

 

その他の妊活情報が欲しいと思う方はコチラをご登録ください!
「妊活ブログ見ました!」ってメッセージいただけると嬉しいです(^.^) 

 

友だち追加 

 

僕は健康的な妊活をサポートする専門家が集まる「日本妊活協会」認定の子宝整体師です。あなたの病院に頼らない、健康的な妊活をサポートします!

 

 

日本妊活協会認定院

奈良めばえ整体院

0742-81-3924

院長 尾倉 弘真

・日本妊活協会認定 子宝整体師マスター会員
・日本妊活協会 テクニック講師
・分子整合医学美容食育協会 
 エキスパートファスティングマイスター